屋久島ナビ

世界自然遺産・屋久島への旅なら「屋久島ナビ」です。
あなたの屋久島旅をサポートします。

山と渓谷社

屋久島旅行用の地図には鳥瞰絵地図「屋久島」がオススメ!

 知らない場所に旅行に行くなら、地図は必須のアイテムだ。とくにそれがトレッキングとなると、安全面のうえでも楽しみ方のうえでも、絶対に手に入れておきたい。
 数ある屋久島マップの中でも、屋久島ナビがオススメしたいのが右写真や、トップイメージにもある、「鳥瞰絵地図」。旅行時用としてだけではなく、お土産用としても重宝するすぐれもの。
 屋久島旅行から戻ってから、旅行に思いを馳せるアイテムとして、家族や友人に旅行の想い出を話すためにも、持って置きたい。
≫ 写真をクリックすると地図部分が拡大します
地形図、パンフレット、ガイドブック、ビデオ、写真集で徹底調査

Profile  村松昭(むらまつあきら)

1940年千葉県生まれ。
デザイン、油絵、リトグラフを学び、1972年ごろから絵地図、鳥瞰図を作り始める。
最近は各地の依頼で描き起こすことも多い。現在、河川シリーズ『信濃川』を製作中。
東京都府中市在住。

――屋久島を描こうと思い立ったきっかけは?

 それまで高尾山、奥多摩、御岳渓谷、多摩川、秩父や丹沢など、東京近郊の景色を描いていました。
 ほかのエリアも描き始めていたとき、屋久島と白神山地が世界遺産に指定され(93年)、島ということもあって屋久島に興味を持ったのです。
 それから2年間かけて製作し、95年に完成しました。

――どうやって描いていくのですか?

 最初は資料集めです。5万分の1図や2万5000分の1図の地形図、パンフレット、ガイドブック、ビデオ、写真集など、徹底的に調べて下絵を描いていきました。
 翌94年に初めて屋久島に行き現地を取材しました。資料で調べ、想像しながら描いた絵地図と、実際の地形や自然を見比べ、修正を加えていったのです。
 縄文杉取材の帰り道、YNAC代表の松本さんに出会いました。改訂のときには修正すべき情報をいただいています。

自分で行けなくても、行った気分になれるのも魅力

地図の作成は、基本的にはすべて手作業。色鉛筆と絵の具で丁寧にイラストを描いていくのだ

――屋久島の絵地図で苦労したところは?

 気軽に訪問できる場所じゃないし、学術調査とは違うので隅から隅まで踏破はできません。完成までに実際に現地を取材できたのは2回です。地元の人でもよくわからない場所も多かったですし、とても苦労しました。
 また鳥瞰図は、道路や川など、地図としての情報を押さえながら、要所ではデフォルメして紹介したい要素を盛り込んでいきます。そのためには取捨選択が必要で、いつも試行錯誤しながら。どんな地域でも苦労します。

――どんなふうに使ってほしいですか?

 お土産で買っていく方は、自分が歩いた場所を説明するのに使うようです。事前に買う方には、ポイントをつかんで計画を立てるときに使っていただけます。絵地図だと、何度で見ても発見があり、興味を深められます。
 年配の方は、自分で行けなくても行った気分になれるのがいいようです。テレビなどで屋久島の映像を見たときにも、広げて眺めていただけると想像が膨らみます


■お問い合わせ
アトリエ77  http://www2.odn.ne.jp/cdf21010/

10月の屋久島情報

気候
気温18度~24度

植物
ヤクシマダイモンソウ、サキシマフヨウ
食べ物
サツマイモ、グアバ
注目
台風シーズンが終われば、晴天に恵まれる機会も増える。温暖ですごしやすい季節。

オススメキーワード

屋久島ナビmobile

その場で投稿できる
みんなの投稿も確認
 できる
便利なPhone to
 機能で直接TEL可能

QRコード

Copyright©2002- Yama-Kei Publishers Co., Ltd., an Impress Group company.All rights reserved.